くまモンオフィシャルサイト

色変更

県からのお知らせ

くまもとブランド

ブランド情報詳細

旧細川刑部邸

名所・旧跡

旧細川刑部家は細川家三代・忠利公の弟である興孝公が正保3年(1646年)に2万5千の石を与えられて築いたもので、県重要文化財に指定されています。興孝公は、延宝6年(1678)に子飼にお茶屋をつくり、後に下屋敷としました。明治4年、熊本城に鎮西鎮台という部隊が置かれ、城内の武家屋敷は城外に移るようにとの命令が出たことを契機に下屋敷を本邸としました。
また、別棟にある書斎の付いた茶室「観川亭」、御宝蔵、台所などは、全国有数の上級式武家屋敷の格式をもっています。

関連ブランド

※関連ブランドは、同じカテゴリ、地域をもとにシステムで自動的に抽出しています。