くまモンオフィシャルサイト

色変更

県からのお知らせ

くまもとブランド

ブランド情報詳細

上御倉・下御倉(かみのおくら・しものおくら)古墳

名所・旧跡

上〜古墳は古墳時代後期の特徴を示す典型定期な石室構造をしており、その規模は九州の中でも指折りの大きさです。また、阿蘇溶岩を用いた大きな石材を用いているのが特徴で、県指定史跡にもなっています。
他にも、両古墳に葬られた人物は、「古事記」などにみられる「阿蘇の君(阿蘇国造の氏姓)」として大和政権から認められた大豪族だった可能性があります。また、当地の伝説によれば上御倉古墳が阿蘇国造となった速瓶玉命、下御倉古墳が速瓶玉命の妃である雨宮の墓とされています。

関連ブランド

※関連ブランドは、同じカテゴリ、地域をもとにシステムで自動的に抽出しています。