くまモンオフィシャルサイト

色変更

県からのお知らせ

くまもとブランド

ブランド情報詳細

八勢目鑑橋(やせめがねばし)

名所・旧跡

八勢目鑑橋は、日向往還に架けられた小さな付随橋を持つ複合形の橋で、県指定重要文化財にもなっています。
この場所は「八勢の谷渡り」 と呼ばれた難所で、木倉手永の(現在の御船町)の豪商 ・ 林田能寛が私財をなげうってかけた石橋でもあります。また、長さ62mもあり県下でもっとも長い石橋で有名です。
その他にも、珍しく当時の石畳が原型のままのこっています。周囲には水道橋や石畳の街道があり、日向往還の道筋にもあたり森林浴にはおススメの場所です。

関連ブランド

※関連ブランドは、同じカテゴリ、地域をもとにシステムで自動的に抽出しています。