くまモンオフィシャルサイト

色変更

県からのお知らせ

くまもとブランド

ブランド情報詳細

肥後象がん

伝統工芸品

寛永9年(1632)、肥後国主として入国した細川忠利に鉄砲鍛冶として召し抱えられた林又七(重治のち重吉)が、鉄砲や刀剣の鐔などに象がんを施したのが、肥後象がんの始まりと言われています。この林家のほかに平田家、西垣家、志水家などにより代々受け継がれ、江戸時代、全国的にも肥後金工として高く評価され、隆盛を極めてきました。
 肥後象がんの多くは、金銀を装飾する布目象眼の技法により制作され、黒い鉄の生地がわび、さびを感じさせる品格を備えているところに特徴があります。

関連ブランド

※関連ブランドは、同じカテゴリ、地域をもとにシステムで自動的に抽出しています。