くまモンオフィシャルサイト

色変更

県からのお知らせ

くまもとブランド

ブランド情報詳細

小代焼(しょうだいやき)

伝統工芸品

小代焼は、熊本県北部の小岱(しょうだい)山山麓で約400年前から焼き続けられている熊本を代表する陶器です。
 寛永9年(1632)細川忠利の肥後入国に伴って、豊前国在住の源七(牝小路家初代)及び八左衛門(葛城家初代)が現在の南関町に移り住み、肥後藩の庇護を受け、焼き物を行ってきました。この2家が小代焼の創始とされ、以来、肥後藩の御用窯として代々伝統を受け継いできました。
 鉄分を多く含み、小石粒が多い小代粘土を使った素材で、ワラ灰釉の流し掛けの力強い作風に特徴があります。

関連ブランド

※関連ブランドは、同じカテゴリ、地域をもとにシステムで自動的に抽出しています。