くまモンオフィシャルサイト

色変更

県からのお知らせ

くまもとブランド

ブランド情報詳細

高田焼(こうだやき)

伝統工芸品

 寛永9年(1632)細川家転封により、八代城に入城した細川忠興に従い、豊前国上野から八代へ移った陶工尊楷が、現在の八代市に窯を築いたのが始まりといわれています。
 鉄分の多い胎土に透明釉を掛けた青磁の生地にに、象嵌の紋様が施されています。象嵌は、素地が生乾きの間に、竹べらや押印で雲?手(雲と?をあしらった紋様)などの伝統的な紋様を刻み、その部分に白泥を埋め込んだものです。上品な色合いと端整な形状が特徴です。

関連ブランド

※関連ブランドは、同じカテゴリ、地域をもとにシステムで自動的に抽出しています。