くまモンオフィシャルサイト

色変更

県からのお知らせ

くまもとブランド

ブランド情報詳細

肥後まり

伝統工芸品

江戸時代中期から盛んに作られるようになった「手まり」。肥後まりは、もみがらを芯として、草木染めした木綿糸でかがったデザインです。昭和43年ごろ、熊本国際民芸館前館長外村吉之介(とのむらきちのすけ)氏によって、肥後まりの草木染木綿糸の素朴な美しさが見直され評価が高まっています。最近では、ミニ肥後まりのイヤリングやピアス、チョーカーやストラップなど、プレゼントやお土産としても人気があります。

関連ブランド

※関連ブランドは、同じカテゴリ、地域をもとにシステムで自動的に抽出しています。