くまモンオフィシャルサイト

色変更

県からのお知らせ

くまもとブランド

ブランド情報詳細

宮崎 八郎 (みやざき はちろう)

人物

宮崎八郎は荒尾市に生まれました。15歳で藩校・時習館に入り、東京遊学中に征大論の建白を行いました。反政府の立場から政治活動を行い、「征韓之議」という意見箱を政府に提出しています。若くして、ルソーの「民約論」に影響を受けた宮崎八郎。病を得て帰熊した際には植木学校を開校し、民約論の講義や、「撃剣又は戦争の時の負傷者死屍を運搬する稽古」等を行ったと言われています。また、八郎は民権運動の遊説活動を積極的に行い、植木学校は熊本における自由民権運動の拠点となりました。植木学校は半年で閉鎖されましたが、その後も八郎は東京で、政府批判を強めていきました。
球磨川の堤防沿いには「宮崎八郎戦没の碑」が建っています。

関連ブランド

※関連ブランドは、同じカテゴリ、地域をもとにシステムで自動的に抽出しています。