くまモンオフィシャルサイト

色変更

県からのお知らせ

くまもとブランド

ブランド情報詳細

徳富 蘇峰 (とくとみ そほう)

人物

徳冨蘇峰は明治から昭和にかけて活躍した水俣市出身のジャーナリストです。弟は小説家の徳冨蘆花。明治3年(1870年)に父親が熊本藩庁に出仕したことを契機に、一家で熊本市大江へ引っ越します。蘇峰は熊本洋学校に入学し、ジェーンズの教えのもと、キリスト教布教を誓い熊本バンドに加わりました。しかし、熊本洋学校が廃校になり、蘇峰は東京英語学校・同志社に学び帰熊します。
蘇峰は明治15年(1882年)に大江義塾を立ち上げました。歴史・経済・漢学・英学など多くの教科を一人で教え、若者たちと激論を交わし、多くの著作を世に送り出します。
「将来之日本」などの著作により蘇峰の名が全国的に知られるようになり、明治19年(1886年)に塾をたたみ、再び上京します。その後「民友社」を起こし、雑誌「国民の友」や「国民新聞」を発刊し、言論・思想界での地位を不動のものとしました。

関連ブランド

※関連ブランドは、同じカテゴリ、地域をもとにシステムで自動的に抽出しています。