くまモンオフィシャルサイト

色変更

県からのお知らせ

くまもとブランド

ブランド情報詳細

徳富 蘆花 (とくとみ ろか)

人物

徳冨蘆花(本名:徳冨健次郎)は水俣市出身で、『不如帰』や『みみずのたはごと』など多くの作品で知られる明治時代の文豪です。
兄の蘇峰も近代を代表するジャーナリストで、蘆花は同志社を中退後、明治22年(1889)兄徳富蘇峰の経営する民友社に入ります。明治31年(1898)から国民新聞に連載した「不如帰」が明治屈指のベストセラーとなり、小説家としての地位を確立しました。
人道主義を巡って長く兄の蘇峰と不仲でしたが、晩年に和解しました。

関連ブランド

※関連ブランドは、同じカテゴリ、地域をもとにシステムで自動的に抽出しています。