くまモンオフィシャルサイト

色変更

県からのお知らせ

くまもとブランド

ブランド情報詳細

加藤 清正 (かとう きよまさ)

人物

豊臣秀吉の子飼いの家臣で「賤ヶ岳の七本槍」の一人。
賤ヶ岳の合戦後も各地を転戦して武功を挙げ、豊臣秀吉から肥後北半国を与えられています。
秀吉没後は徳川家康の家臣となり、関ヶ原の戦いの働きによって肥後国一国を与えられ、熊本藩主となりました。また、築城の名手ともいわれ、熊本城だけでなく、名古屋城の建設などを手掛けています。
熊本では、住民が困っていた治水などにも才覚を発揮するなどして、名君とうたわれ、今日なお熊本県民に慕われています。

賤ヶ岳の七本槍・・・天正11年(1583年)近江国(現、滋賀県)の賤ヶ岳附近で行われた羽柴秀吉と柴田勝家との戦いを賤ヶ岳の戦い(しずがたけのたたかい)といいます。一般的には、その際に功名を上げた福島正則、加藤清正、加藤嘉明、脇坂安治、平野長泰、糟屋武則、片桐且元をいう。

関連ブランド

※関連ブランドは、同じカテゴリ、地域をもとにシステムで自動的に抽出しています。